【創造的休暇】灯の数だけ、暮らしがある 

2021年10月21日

投稿者: naramachiyado


奈良町には、

古い民家が建ち並ぶ風景が今なお残っています。

 

旧市街地ゆえ、

夜になると暗さが際立ちますが、

それによって存在感を増すのが灯です。

 

路地に建ち並ぶ民家からこぼれ落ちる灯は、

古き良き奈良町の風景だと思っています。

 

灯の数だけ暮らしがある。

灯の数だけ家庭がある。

灯の数だけおいしいごはんがある。

灯は創造力を掻き立てます。

 

風景は、心の奥にあった記憶を手繰り寄せてくれます。

 

ある日、そんなことに想いを馳せながら散歩をしてみると、

突如現れる異質な空間も愛おしく感じました。

 

さらに歩を進めると、

足元に百日紅。

 

目の上に咲く花の美しさもあれば、

散る美しさもある。

 

視点を変えれば、

いつもの風景が全く違うものに映るかもしれません。

 

写真:鳴川町
撮影:okuyama haruhi

カテゴリー:紀寺の家