ただ静かに

悠久の歴史を刻むこの場所で、
流れた年月を味わい、尊く思うのでした。

写真:東大寺 中門