軒先に

年に一度の収穫
それを保存し、少しずついただく。
当たり前の営みが
今ではとても豊かな光景に感じます。

写真:玉ねぎ