文月の朝

2018年7月2日

投稿者: naramachiyado


夜になると自ら葉を閉じ、
眠りにつくような姿から名づけられたネムノキ。
朝には、眩しい光を受けて
繊細で柔らかな淡紅色が、ひと際美しく輝きます。

写真:荒池にて

カテゴリー:紀寺の家