エゴノキ

2014年5月11日

投稿者: naramachiyado


庭の中でも一際大きいエゴノキに花が咲きはじめました。
古来から日本中に自生していた植物で、
大伴家持や柿本人麻呂が歌の中で詠んだこともあります。
その当時は「知左(ちさ)の花」と呼ばれていたそうです。

写真 : 通り庭の町家 エゴノキ

カテゴリー:奈良町宿の植物, 紀寺の家